最近登場した新しい財産管理方法|家族信託の魅力とは

  1. ホーム
  2. 費用面で考える

費用面で考える

葬儀

相続を考えた場合に、弁護士はもめ事や相続問題を相談する上で重要です。近年は相続専門の弁護士が多くいますが、どのような基準で選べばよいのでしょうか。ポイントはいくつかあります。相続は知識以外に、経験が必要です。同じ相続専門家でも経験や実績が多い、また取扱い年数が多い弁護士を選ぶ事がポイントです。他に重要なポイントしては費用です。費用が明確であるかを相談時や事前に確認する必要があります。依頼時には着手金の他報酬金が発生します。費用の説明時に大まかなトータル金額を説明してもらえるかが大切です。さらに相続は対象となる遺産の額が高額なので弁護士費用も高額なる可能性もありますから、しっかり比較する事が大事です。また他業種との提携を行っているかが重要です。相続は弁護士のみで解決できるものではありません。いくら相続専門の弁護士といっても税理士や司法書士等の連携が必要です。連携していればワンストップで相続を解決する事が可能となります。なお近年はこのような士業が連携している相続専門家集団も全国各地で営業を行っています。他の選定ポイントとしては話をしやすいか、自分と合うかです。依頼をするのであれば今後は様々な問題で相談をしますし、疑問も生まれてきます。このような時に自分と合わなかったり質問しにくければ依頼をした意味がなくなってしまいます。こればかりは実際に相談してみないとわかりませんので、複数の弁護士に相談をし、比較して選ぶ必要があります。