最近登場した新しい財産管理方法|家族信託の魅力とは

電卓

借金の減免

債務整理は金融業者からの借入の減免を求めるもので、弁護士や司法書士に依頼をして個別に金融業者と交渉をするものです。いわゆる任意整理の1つとなりますが、これにより借金自体は大きく減ります。費用や対応の良さなどで評判となっている弁護士もいますので、まずは借金について相談をする事が大切です。

家族に財産管理を依頼

説明

仕組みとメリット

家族信託とは、最近登場してきた新しい形の財産管理方法のことです。遺産を持つ人、被相続人が委託者となり、家族のうち信頼できる一人を受託者として指定します。受託者となった人は、委託者の指定したときから財産管理と処分、場合によっては投資なども行っていきます。財産管理や処分には、相続のような分配も含まれており、それを受け取るのが受益者です。このほかに受託者代理人などがはさまることもありますが、基本的にこのような仕組みで家族信託が行われます。家族信託は、相続と違い、委託者が生きているうちから財産管理が任せられるため、自分の意志に沿った財産管理が可能となっているかがわかりやすく、より委託者の希望に近い形で財産管理が可能になります。また、任意後見制度でも委託者が生きているうちから管理が可能ですが、自分の判断機能が低下するまで受託者は管理ができません。家族信託は判断機能が低下する前から管理が開始できるため、認知症への備えとして非常に注目され始めています。遺言よりもバリエーションのある利用方法ができるのも大きなメリットです。受託者と委託者で家族信託を行うと決めれば遺言書の厳格なルールに従う必要はないので手軽ですし、相続人のさらに次の相続人まで指定ができます。こうした特徴は事業承継の際にも大きなメリットとなるため、より規模の大きい会社でも活用ができます。注意しなければならないのが、弁護士などの専門家でも詳しい人が少ないということです。実績豊富な弁護士を見極めて依頼する必要があります。

計算

実績と評判を確認する

福岡で過払い金請求の相談をするには、法律事務所がお勧めです。中でも、実績があり評判のいいところを選択します。無料相談会を開いているところもあるので、参加してみましょう。問い合わせ対応などもチェックできます。

葬儀

費用面で考える

相続専門の弁護士を選定する場合の基準としては、知識の他経験が十分ある事の他、費用が明確かどうかが重要です。さらには他業種との連携を行っているかもチェックする必要があります。最後に話しやすいか、自分と合うかどうかを考え、複数の弁護士に相談をしてみて選ぶ必要があります。